Piano Anniversary

国府弘子Piano AnniversaryのCDジャケット
14thアルバム ピアノ・アニヴァーサリー/Piano Anniversary VICJ-60970/3,150円(税込)/2002年8月26日発売
<収録曲> 01. オールウェイズ~いつもそばに 02. トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ 03. フィエスタ 04. シング・フォー・ラヴ 05. リトル・アニヴァーサリー 06. ライフライン 07. スターランド 08. イースター・エッグ 09. シフォン・ケーキ・ボッサ 10. ユーアー・マイ・ムース 11. アイ・ウィッシュ(回想)(スティーヴィー・ワンダーのカヴァー曲) 12. ノスタルジア <参加アーティスト> 国府弘子: Piano, Piannica, Keyboards, Chorus 大坪稔明: Keyboards, Percussions, Programming エイブ・ラボリエル: Electric Bass, Chorus アレックス・アクーニャ: Drums, Percussions, Chorus オスカー・カストロネヴィス: Acoustic Guitar, Chorus 八尋洋一: Electric Bass 村石雅行: Drums 岩瀬立飛: Drums, Percussions 赤木りえ: Flute 金子飛鳥: Violin 天野清継: Acoustic Guitar 種子田健: Electric Bass 石成正人: Electric Guitar, Acoustic Guitar 村田陽一: Trombone& Horn Arranged 西村浩二:Trumpet 菅坡雅彦:Trumpet 小池修:Tenor Sax 篠崎ストリングス: Strings 橋本一子: Voice, Chorus 譜久里ゆかり: Chorus 竹内正実: Theremin 大島ミチル: Strings arranged by Composed, Arranged &Produced by HIROKO KOKUBU Arranged & Co-produced by TOSHIAKI OTSUBO 祝デビュー15周年記念アルバム第2弾 デビュー当時から現在までレコーディングやライヴで交流のあったミュージシャンを各曲ごと招いて、LA & 東京レコーディングによる聴きどころ満載の15年の音楽生活を総括するオリジナル・アルバム。   PIANO ANNIVERSARYに寄せて  国府弘子 デビュー15周年ということで、2001年6月発売のベスト盤に続いて8月26日に「ピアノ・アニヴァーサリー」をリリースします。 「上質の、良い音楽」を作り続ける事が自分の最大の恩返しである事を改めて肝に銘じて、今回のアルバムを作りました。 この15年、ステージやレコーディングをとおして常々学んできた事の最大のものは、「人を楽しい、幸せな気持ちにするには、自分自身が心から楽しめなければだめ」というカンタンな事。 6才で映画音楽、10代でビートルズ、20代でジャズに恋をして、当初はクラシックとジャズの奏法の違いに悩み自己嫌悪の日々。ニューヨークでバリー・ハリスのビパップ道場に通い詰めて寝てもさめてもアドリヴを口づさむ日々から日本に戻り、そこからライブ生活のスタート。 30代の頃はジャズピアニストという肩書きにすら自分の音楽スタイルがはまりきらずに、まるで流浪の民のように自分の居所を探し続けてもがいていました。 40代に入ってふと気付いた事。 あれ?自分のメロディを同じ気持ちで奏でてくれる仲間達と楽器で語り合っているゾ。 それをステージやレコーディングでリスナーに届けるために奮闘してくれるスタッフもいるゾ。 そしてどんな静かなステージに出ていっても、最後はこっちが感動するくらい「一体感」を感じさせてくれる聴き手が、ちゃんと待っていてくれるゾ。 そして、いつもコンプレックスを引きずっていたはずの自分自身が、クラシックの曲もジャズのスタンダードも、セッションすると全部「自分流」に楽しんで料理できるようになっているみたいだゾ? このいくつもの事実に気がついた時、開けたくて開かなかった重たい扉がまず一枚、いつのまにか開いていたと知りました。あと多分100枚くらい、開かない扉が先に続いているのでしょう。 でもこんな楽しみのある人生を生きることができて、やっぱりすごく幸せです。 よし、50周年を迎える時までピアノ弾いてるゾ。なにしろ自他ともに認める長距離選手なので。 そう考えるとひとつの通過点にすぎないこの「ピアノ・アニヴァーサリー」というアルバムですが、自慢できるのはわたしが現時点で得ることのできた宝物が詰まっていること。 わたしを支え、励まし、インスパイアしてくれる素晴らしいミュージシャンの仲間たち。 国内の仲間ももちろん、かねてよりアメリカの“ダディ”たちだった一線のプレイヤー達と、今回初めて対等に、とことん付き合うことができた・・・そんな感じがしました。 もっと自由になるために、もっとHAPPYになるために、これからもジャズを愛し、ポップスもロックもクラシックも民俗音楽も愛し、ひとりの欲張りな音楽ファンでいられたらうれしい。 そして私の15年間の作品をまるで知らない人も、ずっと応援してくれた人も、このアルバムの歌声(ピアノの)で心を動かされてくれればこれ以上うれしいことはありません。