Piano Voices

国府弘子Piano VoicesのCDジャケット
15thアルバム ピアノ・ヴォイセス/Piano Voices VICJ-61151/3,150円(税込)/2003年9月21日発売
<収録曲> 01.家路~ドヴォルザーク「新世界」より~ 02.アメイジング・グレ-ス 03.ムーン・リバー~酒とバラの日々(withトゥーツ・シールマンス  ハーモニカ) 04.見つめていたい 05.遥かなる影~やさしく歌って~ウスクダラ~黒いオルフェ 06.サクセス・ムーン・ダンス(with原田芳宏 スティール・パン )※ 07.サマータイム 08.シャングリラ(with 姜 建華(ジャン・ジェンホア)二胡)※ 09.星に願いを 10.アンジェラス(with 楠瀬誠志郎 Voice)※ 11.ハッピエスト・ユー(with トゥーツ・シールマンス ハーモニカ )※ ※国府弘子オリジナル曲 <参加アーティスト> 国府弘子(pf.)原田芳宏(スティール・パン) 姜 建華(ジャン・ジェンホア)(二胡)  楠瀬誠志郎(Voice) トゥーツ・シールマンス(ハーモニカ) ~ピアノが歌う。ピアノが語らう。~ 深く、暖かく、歌心あふれるピアニスト、国府弘子が奏でる珠玉のピアノソロ&デュオ。 昨年2002年にはデビュー15周年を迎え、初のベストアルバム「ウェルカム・ホーム」、そして国内外の親しいミュージシャンを招いて15年の音楽生活を総括したオリジナル・アルバム「ピアノ・アニヴァーサリー」を連続リリースした国府弘子。 2003年は、2001年のヒット作「ピアノ・タペストリー」に続くピアノソロ・アルバム第二弾を制作。 幅広いジャンルのヴォーカル・ナンバーの名曲、そしてオリジナル曲を、彼女ならではのアレンジと自由なインプロヴィゼーションで綴った珠玉のピアノ・ミュージック。 まさに歌心あふれる演奏満載、ピアノで歌う心の“声”を聴くような作品。 今回はピアノ・ソロに加え、ゲストアーティストとのデュオ演奏も収録。 ハーモニカの巨匠トゥーツ・シールマンス、圧倒的な歌唱力で魅了する楠瀬誠志郎、話題の二胡奏者、姜 建華。そして注目のスティール・パン奏者、原田芳宏を迎えたデュオ演奏を含む、国府弘子のハートフルな魅力あふれるピアノアルバム。 ヒロコサウンドの参謀、サウンドプロデューサー大坪稔明氏より 新譜「Piano Voices」について 「Piano Letter」「Piano Anniversary」などのアルバム制作に関わってきたここ数年、僕はひたすら冷静に“突っ走るイノシシ女”を陰で支え、アレンジや録音方法など様々な事で知恵を絞って参りました。 しか~し、新作「Piano Voices」はちょいと趣向が違います。 今回僕はほとんど何もしておりません。 国府弘子が40年に渡るピアノライフで培ってきた、その感性のみに委ねるレコー ディ ングだったからです。 日頃は口の悪い僕も事前に一切余計な事は言わず、ヒロコ様の動物的本能をいかんなく発揮してもらい、とにかく気持ち良くピュアな音を奏でてもらいたかった。 その結果、新作「Piano Voices」は“これ、いいじゃないの!”と驚く一枚になりまし た。 う~んさすがベテラン、悔しいけど、この音色は俺には出せんな。 深いゾ。 ( 大坪稔明)